Nature Blog

2016年1月13日

CIMG1211

私はNature主宰のライフクリエイトカウンセラーと共に昨年11月より(株)バーニャカウダの電話カウンセラーと

してチームボイスマルシェの一員になりました。(先般ブログにてお知らせしたとおりです)

Natureは主に地域に根差したカウンセラーとして、ボイスマルシェでは全国のユーザー様を対象にカウンセリング

のお仕事をさせていただいております。

確かにお顔を見てのセッションはその方のお顔の表情であったり、しぐさ、姿勢等でも本

当はどう感じていらっしゃるのか等、辛さや苦しさまで詳細に図ることができます。

ボイスマルシェの電話セッションは、名前を公表されたくない方や面と向かっての話は・

・・という方、またお話の内容により様々なカウンセラーやコーチングなどユーザー様の方で選べると

いう利点があります。

ただ私たちカウンセラーはどんな体制であれご相談頂く方々に対し、すべて同じ気持ちで向き合

い、いつも真剣であることに変わりはございません。ご安心ください。

さて、予約システムにつきまして・・・

ボイスマルシェは大変大きな組織ですので、予約などもとても素晴らしいシステムを導入

しています。タイムリーで間違いのない対応となっております。

私個人のルーム、Natureでは今までホームページを皆様にご覧頂く中で予約フォームから

ご予約メールをいただいておりました。が、日時のお問合せ等タイミングが合わずにこち

らからのメールのお返事が遅れたり、連絡がつかないまま皆様に大変ご迷惑をお掛けして

きました。そこでこの度ボイスマルシェと同じような予約システムを導入することにより、

ホームページをご覧頂いている画面から予約可能な日時がその場でわかるようになり、す

ぐにご予約をお受けすることが出来るようになりました。また、どのような時間帯であっ

てもシステムでの受付になりますので、気兼ねなくご利用頂けます。

ただ、大変申し訳ございませんが、コンピューターでのシステム管理のため、Natureとボイスマ

ルシェでのご予約の同時ダブルブッキングの可能性もございます。私が慣れるまで、少し

様子を見させて頂きたく、暫くは、日曜の午後及び月・火をボイスマルシェ、週の後半の

水・木・金・土をNature優先とさせて頂きたくご理解頂ければ幸いです。ただし、Nature

のクライアント様につきましては、水・木・金・土でご都合つかない場合、メール等でそ

の旨お問合せください。都合がつきましたらその限りではございませんので、可能であれ

ば月・火でのご予約もお受けいたします。ただし日曜日はNatureはお休みさせて頂きます。

ご予約につきましてはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

Nature 代表 大久保淑美

2016年1月6日

 

 

「クリエイティブ」の処方箋  ・・・行き詰まったときこそ効く発想のアイデア86・・・

これは昨年末に図書館から借りて来た厚さ3Cmもある本。本を選ぶ基準ってまずは背表紙題名ですよね。

棚から何気に取って開いてみて、大抵最初の1行目で買う買わない、借りる借りないが決まります。

ただこの本は珍しく最初ピンと来なかった。なのに借りて来た。大体厚さも半端ないのにこんなの借りて

読み切れるの?と思いながらも「まっ、いいか別に・・」お正月は3週間借りられるし、と。

ところが何のなんの、読み始めたら食い入るようにのめり込んでしまったのです。出会うべくして出会っ

た本の1冊となりました。

何だろう・・・「クリエイティブ」って芸術的なセンスとか創造性みたいなものとして捉えていたけれど、

もちろんそれもそう!!でもそのクリエイティブの意味の中には、思考の仕方、生き方、自分の人生の在

り方、過去・現在・未来を含めて今まで自分の生きて来た軌跡を振り返り、自分が忌み嫌ってきた事や人

との関わりが捉え方ひとつでまるで変ってしまうような・・・特にここ数年間、物事や人に対する不信感

しか持てなくなってしまった私に一筋の光が差した瞬間でした。今まで、正直私はどうしてこんなに自分

が生きづらいのか、なかなか人にも環境にも馴染めずいつでもどこでも「独り」を感じてしまう。誰にも

わかってもらえない感がいつもつきまとう。悩みを相談しても何かが違う?感を抱えたまま納得するしか

なくて。人は悩む私を分析しては「あなたはこうだから・・・」みたいなことを言ってくれて、その度

「そっか、そうなのか」「そうなんだ私って・・」と私を決めつけられて、それを真に受けた私はずっと

自分に責任を感じたり自分を否定して生きて来ました。でもそういうことではなかった!

私は相手の価値観に惑わされ、自分で勝手に主従関係を自分に植えつけ、そこに翻弄されていただけ。

人は大多数の意見が正しいとされるから、「違う」ものは否定されてしまうのです。この本に登場する成

功者は世間にどんな扱いを受けても自分を貫いたから成功しています。私でも知っている多くの成功者が

みんなどれ程世間から変人扱いされ、冷笑されてきたか、本当にびっくりでした。

私にその素養があるわけでも能力があるわけでもありませんが、ここに登場する人々の生き方はとても理

解でき、きっと感性が似ているのかもしれません。私には私の考え方、在り方、生き方があってそれが周

りの人達と相いれなかった、違っていただけなんだと気づいて、初めて自分を受け入れられた気がしまし

た。目から鱗!!。新しい年を迎える1番タイムリーな時に出合えた事に心から感謝です。初めて自分を

認めてくれた本に出合いました。これは昨年の夏に初版された本なのでまだ知らない方も多いことでしょ

う。自分が見えなくて悩んでいる方には是非お勧めの1冊ですよ。

この本の作者はロッド・ジャドキンス。美術学校の教師ですが、企業相手にクリエイティブ思考の求道者

として広くワークショップ等開催している方です。この本の前に出版された本も世界で絶賛され様々な国

の言語に訳されているそうです。訳者である島内哲郎さんの言葉を借りれば、アーティストとしてのジャ

ドキンスがいかに社会に押し付けられた価値観や考え方を破る闘いを強いられてきたか。決まりきったや

り方や因習、失敗を恐れ、変化を嫌う保守性。まさに今の日本そのもの(私も同感)。そんな中で他人と

は違う自分で生きなさい!と伝えているのがこの本なのです。

まだまだ自分がその域に達している訳ではありませんが、人と違うことに違和感を感じて生きて来た自分

をもう否定しなくていいんだと思えたことに本当にホッとしています。こんなこと言ってくれる人、今ま

自分の周りにはいなかったなぁ。

実はこの本の86項目、全部が全部腑に落ちた訳ではないし、納得いかない所もあります。でもその矛盾

すら大事!と言えるところが凄いと思います。。自分にとって大事な言葉は全部記録しました。くじけた

時にいつでもこのノートを開くことで私には大切な味方がいてくれる。これで自分を生きられる気がする。

いつもながら、やっぱり本は私の大切なメンターです。でも、願うなら自分と波長の合う、ウマの合う、

理解しあえる「人」と出会いたいなぁと!これも心からそう思います。

でも、私が幸せなのは、息子が私の1番の理解者であること。これは本当に最高に嬉しいことです。