Nature Blog

2016年5月31日

CIMG0638

占い・・・女性は好きですよね(#^.^#) 信じる信じないはともかく、朝のテレビ番組

での占いコーナーはやはり何気に目がいき、その日のラッキーアイテムが大好きなスイ

ーツだったりすると、占いの内容なんて覚えてもいないくせにヨシッ!とばかりに堂々

と買いに行ったりなんかして(;’∀’)。そういうときだけはフットワークがいいのよね。

とは言え、やはり占いが気になる時は私にもあって・・・実は今年の元旦の朝、目覚め

と共に「ああ、この不快な感じは何?今年はあまりいい年ではないかも・・・」と予感。

まずそう思った時点で良い年になんてならないですよね。

と、わかりつつ、やはり自分にとって芳しくない状況続きに気分はどんどん落ち込み(や

ばい)一体自分に何が起きているのかと思って、本屋で手したのが「0学占い」の本でし

た。最近「0ベース思考」とか「グランド0」とか「ゼロ」という言葉をよく耳にします。

私の考える「0」というのは何もないのが「0」ではなく、逆に無限大を意味するように

感じるのです。テロによるツインタワー襲撃でアッという間に崩れ落ちたタワーの跡地を

「グランド0」と名付けられていますが、あそこには確実に何万人もの人の人生があった

!、確実に存在していたひとつひとつの人生や家庭があった!一瞬にして奪われてしまっ

たけれど、あの何もない更地はすべてが無くなったのではなく、そこから何かがスタート

する場所であると私は思っています。

何もない「0」ではなく、何かが始まる「0」と思う私に「0学占い」は自然に入って来

ました。朝の番組やスマホを開くと目にする星座占いは同じ日でも順位が違い??の世界

でした。でもそれは占う方の見解の違い・・読み解き方によるのだと知って納得。朝に今

日はどんな日?と軽く見るにはその程度で十分!!

細木数子さんの六星占術やトレバーさんのダーナヨーガなどは本当に統計学や占術などよ

く研究された中から生まれたものなので、自分にとって今がどんな時なのか、何をしたら

よいのかなど、そんなに大きく違うことがなく書き記されていますよね。

実は私は「0学占い」は今年初めて目にしたのですが、表紙を目にした瞬間から「これ!」

と決めていました。

お正月に感じた何とも言えない不快感、あのいやーな感じは「やはり」でした。12年に1

度来る0地帯の最後の年・・・「清算の年」なんだそうです。

昨年から何となく人と関わることに抵抗を感じたり(人付き合いが億劫になりました)、

何もやる気になれなかったり、何をやってもうまく回らなかったり。

でも不思議なのは昨年は0地点と言って何をやってもいけない年だったはずなのですが、

良いことと悪いことが両極端で、今年ほど嫌な年!という感覚はありませんでした。とこ

ろが今年は最悪から抜けてだんだんよくなるはずの運気が、なかなか思うようにならず、

だから占いを見てみたくなったのでしょうね。

この本凄いです!! 何故か・・がわかったのです。過去に決別すべきことを今もって抱

えていたり、要らないものの整理整頓、人との関係等々清算できてないせいのようです。

なるほどなぁと感心してしまいました。

今はそんな自分と向き合って、いろいろな気持ちや出来事、人との関係も改めて見直して

います。今年はとにかく新しいことに手を付けたりなにかを始めるのがタブーとのこと。

今まで突っ走ってばかり来た自分を少し休ませて、今までの事、これからの事を少し視点

を変えて見てみたり、考えてみようかなと思いました。

何がいけないのと自分を責める日々から少し抜け出て、焦ることはない、今はじっくりゆ

っくり構えていいんだよ!を感じれるようになりました。

「占い」をくだらない、そんなもの私は信じないと言う人もいますが、捉え方だと思います。

この世には見えない世界もある!と私は思います。信じるとか信じないではなく、どう見る

かで自分の人生がうまく運べばそれでよし!!です。

苦しい時は余計に自分を楽にしてあげていい・・・

カウンセリングは話すことによって様々な気づきを得ます。少し時間はかかりますが。でも

確実に私発信の私への導きになります。

占いは本当に苦しい時の指針になります。ただ、統計学なので、すべて自分に当てはまる訳

ではありません。自分に応用するのも、自分を知って活用すれば絶対的な助けになると思い

ます。楽しいですしね(#^.^#)

2016年5月30日

CIMG1364CIMG1366CIMG1529

もともとドールハウスが大好きで、100均に行っては可愛いキッチン用品やミシンなんかを買い集めていました。

ただたまっていくばかりで、箱を開けない限り目にすることもなく、何だかもったいない気がしていました。

ある時、戸隠のお土産やさんで見かけた壁掛けがあまりに可愛い素敵で♥・・・針金に可愛いグッズがぶら下が

って風にゆらゆら揺れてとってもかわいくて癒されて。それを見てハッと閃いてしまったのです!!(^_-)-☆

イメージがどんどん膨らむ中で早速、麻ひもやらバスケットやら目につくアイテムを追加購入し、我が家にすっ

飛んで帰り・・そこからはアーティストさながら製作開始。真ん中のバスケットのフランスパンは紙粘土で手作

り。切りかけのパンはカッティングナイフと組み合わせてカットボードに張り付けて・・・。お鍋のふたはずら

してお箸をさしたり。

う~~ん、初めてにしては上出来(*´▽`*)と自己満足に浸り、さっそく壁に掛けて、これでお気に入りの小さな

グッズはいつでも目に入るとすこぶるご機嫌のミニアートギャラリーが出来上がりました。

本当は、ジブリ映画の「借りぐらしのアリエッティ」のような世界を表現してみたいのですが、それは少し腕が

上がってからのお楽しみに。

何故このタイミングヽ(^。^)ノ!!。ただいま信濃美術館ではジブリの立体建造美術展が開催されているのです。

先日ワクワクしながら観行ってきました。

「千と千尋の神隠し」の湯屋、それこそアリエッティの家、ハウルの動く城等々ジブリ作品に出てくる建物が出

来るまでの工程や完成品、宮崎 駿さんや取り巻く方々がどんな想いで数々の作品を手掛けてきたのか、それは

それは本当にプロとして目に触れない部分にまで気を抜くことなく細かく気づかわれた思いがひしひしと伝わる

ものでした。本当に凄い!!!その一言に尽きます。

こんな夢のあるお仕事が出来るって幸せだなぁと羨ましかったです。

私の作品なんてジブリ作品からみたらクズのようなものですが、何もないところから何かを生み出すって本当に

素敵なことだなぁとつくづく感じました。

私は飽きっぽい性分なのでこの作品がこの先成長していくかはわかりませんが(;’∀’)、でもまたきっとまったく違

うものを生み出すかもしれません。まっ、それも楽しみの一つではありますが・・・