Nature Blog

2016年8月25日

CIMG1611CIMG1612

これは、石鹸作り5回目と6回目の石鹸。

右の白い石鹸がコーン油、ココナツオイル、ラードで作ったもので、洗顔・ボディどちらにも使えます。

バラの石鹸・・・本当に素敵に出来ました。大満足です。成分はオリーブオイル、レッドパームオイル、

ラードです。これもどちらにも使えますが、バラの形の石鹸を手にするだけで何だかセレブ気分になれ

そうですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡バスタイムが楽しくなりそうな予感💛

まだどちらもできたてのほやほやで、使えるまでに1か月かかりますが、待つのも楽しみになる位です。

石鹸の型は牛乳パックに始まり、コンビニのケーキ型やプリンの型、豆腐の型等々、石鹸のために一生

懸命スイーツ等を食べている((*’▽’))のですが、今回ちょっと思い切ってネットでバラのシリコン型を

購入しました。動物の顔はそれこそ100均で買ったお菓子作り用の型ですが、これもきれいに出来ました。

ただ、白い石鹸はとても柔らかくて、型から出すのに一苦労。くまさんはあっけなく崩れてブサイククマ

さんになってしまいましたが・・・(;^_^A。

石鹸はシリコンの型で作るのが1番きれいに、手が掛からず心配なく楽につくれます。でも石鹸自体オイ

ルの性質によって硬い石鹸と柔らかい石鹸ができますので、柔らかめの石鹸の時は、2~3日置いてから

型だしした方がよさそう。それはどんなオイルを使ったか等、経験を重ねていくしかないですね。

私も最初は本のとおりに作っていましたが、大分慣れて今は自分でオイルを選択し、けん化率もきんと

計算したうえで苛性ソーダの量を割り出しています。

最初、てきと~でいいかとメインになるオイルから何となく勘!で苛性ソーダを入れていましたが、オ

イルによって皆違うけんか率はなめてはいけない!!と反省。なかなかトレースが出ず、ひたすらかき

混ぜることに疲れ果ててしまい、やはりけん化率は必須、大事だと確認しました。

石鹸が出来てから約4週間乾燥させるため、ひたすら眺めながら待ち続けていますが最初の頃に作った

石鹸が使えるようになり、洗顔やボディに大活躍しています。

手作りのものって本当に愛おしくて、バスタイムや朝・夜の洗顔等何気なくやっていたただの作業が、

「さてっ!(^^)!と」楽しみに変わりましたね。

先日軌跡を起こす脳科学の番組を観ましたが、「楽しむ」という気持ちは様々な効果を生むそうで、脳

を楽しませることは大事だそうです。どんなに小さなことでも、それが楽しい💛、嬉しい♡と思うことっ

て本当に素敵なことだと思いますね。

諦めていた病気や今目の前で起きている辛い出来事も、捉え方ひとつ変えるだけで、気持ちを切り替え

るだけでもしかしたら軌跡が起きる!何かが変わる!!かもしれないのですね。

「楽しい(~*^-^*)」を増やすこと、してみませんか(#^.^#)

2016年8月13日

日頃、Natureホームページご覧の方々に、料金のご案内につきまして誤ったページアップにより

大変ご迷惑をお掛けしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございませんでした。

諸事情により本年2月より料金改定させていただくことになり、ご案内を、昨年の秋より新ホーム

ページにてご案内申し上げておりました。

その2月に時期を同じくして、皆様にもっと負担なくお気軽にご予約いただけるようにと新たな予約

システムを導入いたしました。出来上がったサイトにつきましては、当然確認いたしたのですが・・

その際、使用したサイトが料金改定以前のサイトを採用してしまっていたのか、正直私にも理解が出

来ないのですが、いつの間にか改定前の料金にてサイトにアップされておりました。

コンピュータに疎い私には気づくことが出来ずにおり、先日お客様より確認のメールを頂き、気づく

ことが出来ました。本当に驚きました。わざわざご連絡いただいたお客様には感謝しております。

紛らわしい提示によりご迷惑をお掛けしてはいけないと思い、2月に導入しました新システムは本日

即刻外し、すべて元のホームページに戻しました。

現在はパソコンもスマホも全て制作した最初のホームページにて対応しております。

皆様にはご迷惑、ご心配をお掛けしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 

平成28年8月13日

Nature  代表 大久保淑美

2016年8月9日

終戦記念ドラマスペシャル「百合子さんの絵本」を観て、私は大変な衝撃を受けました。

かつて日本陸軍だった小野寺武官、そしてその妻の百合子さんによって明かされた戦争にまつわる

事実を、一番やりきれなかったこのご夫妻の想い、あの時小野寺さんの情報を日本政府がきちんと

対処していたらこんな戦争悲劇は起きなかった。事実を伝えないまま、このまま黙っていてはいけ

ないと勇気をふり絞ってお二人で残した「何故、戦争が起き、何故あんな惨い原爆投下を招いてし

まったのか」を、戦争を知らない私たちに語り残してくださったものでした。

陸軍である小野寺さんは、軍よりヨーロッパ各地の動きの情報を掴み、その情報を日本に送るため、

スウェーデンのストックホルム駐在を命じられました。公邸にはその小野寺さんの情報を探るため

に、お手伝いさんですら敵国のスパイの可能性があり、だから夫婦であっても情報に関する会話は

レコードをかけながらであったり、散歩と称して外に出ての会話。生活の場がすべて気の抜けない、

お二人にとってはそこはすでに戦場だったと言っても過言ではなかったでしょう。そして現地情報

部員を通じて情報を得るのが小野寺武官の仕事、そしてその情報を幾重にも重ねた暗号を使って、

常に日本参謀本部に打電するのが妻である百合子さんの役割と、お二人はとても重要な任務を担っ

ておられました。

小野寺さんには4人のお子さんがいらっしゃいますが、当時1番幼かった息子さんだけをストック

ホルムに連れ、上の3人のお子さんを断腸の想いで日本に残して(親戚に預けて)の赴任でした。

さて、本題はここからです!!

異国の地で秘密裏に秘密裏に様々な気を遣い、あらゆる面で気を付けながら手にした貴重な情報。

当時ソ連がドイツを侵略することもいち早く日本に打電していたのに、日本からは何の返答もなし。

電文が届いていないのではないかと何度も何度も送っているのに、小野寺さんの情報は完璧に日本

では無視されていたのでした。ソ連が日本の味方だと思い込んでいた日本軍に、アメリカやイギリ

スと手を組んでヤルタ会談を締結することも、散々小野寺さんは打電しては情報を送っていました。

その情報を無視した日本がアメリカ・ハワイに・・・いわゆる真珠湾攻撃をしてしまい、アメリカ

を怒らせたために戦争が勃発してしまいました。どうして・・・どうして・・・小野寺さんの情報

をきちんと把握していたらこんな戦争は起きなかった。まして戦争が起きたら絶対に日本は負ける!

と確信していた小野寺さんにとって、何故自分の情報を日本は聞いてくれなかったのか、起こさな

くてもよい戦争を何故起こしたのだ・・・とやりきれない憤りに本当にご夫妻は苦しみました。

広島、長崎の原爆投下・・・決して許されないこの事実によって、戦争の終結を迎えましたが、日

本に一体何が残ったのでしょうか。

多くの命を、家族を、暮らしを、未来を一瞬にして奪われ、悲惨な事態だけが残り、そして日本は

戦争に負けた。小野寺さんの情報をちゃんと受け入れていたらこんな事態を引き起こすことはなか

った、と戦争を知らない私でさえ、やりきれなさと、日本に今でも残る悪しき制度、風習がこんな

重大な局面でも生かされてないんだと改めて認識しました。

原爆を投下したのは確かにアメリカです。でもそうさせたのは日本ではないでしょうか。

避けられたことです。先日オバマ大統領が来日し、広島にて声明を発表しました。「核廃絶」。

謝罪がどうのこうの・・・おっしゃる方もいらっしゃいますが、戦争の経緯はどちらが良いとか

責任がどちらにとかいう問題ではないと思います。どちらも悪いに決まってる。でも良い悪いの

前に何の罪もない命を奪っていいことは絶対にあり得ません。戦争はしてはいけないことです。

まして核なんてあってはいけないのです。

核を作ったアインシュタインもこんな使われ方をするために発明したのではなかったはず。

大統領の謝罪を求めることより、起きた事実をきちんと知ることが大事なのではないでしょうか。

そしてこれからを生きる私たちがしなければならないことは何なのかを考えることです。

小野寺さんは終戦とともに日本へ帰国しましたが、待っていたのはアメリカ兵による収監。

戦争が起きて、負けて・・・それでも帰国して何年も会えなかった子供たちにやっと会えると思っ

た矢先に空港からいきなりの牢獄行き。理不尽です。どんなに切なかったことでしょう。

毎日毎日、どんな情報をどのように手に入れ、どう伝えていたのかと厳しい取り調べで、後に人生

で1番苦しい日々だったと言い残しておられます。日本にとって正確で必要な情報を伝えていたの

にも関わらず、勝手に無視され、帰ってくれば家族と引き離されての収監って。この憤りはどこに

ぶつければ良いのですか…誰が理解してくれるのですか…小野寺さんご夫妻の想いはどうすれば救

われるのですか…

酷すぎますよね。小野寺さんの情報を無視した参謀本部の幹部は出世し、財界のご意見番って何?

このすべての経緯を私はどうにも我慢ならず、こんなところで声をあげても何もならないことはわ

かっていても書かずにいられませんでした。何故正義がバカをみなければならないのでしょうか。

小野寺さんは収監が解けてから、様々なお仕事に就いたそうですが、貿易の仕事において成功を収

めたとのこと。でも日本陸軍の態度にずっと憤りを感じたまま、ご自分の中では片がつかずに抱え

ていました。外国駐在での語学力を生かして、奥様は翻訳の仕事をしている中で、せっかく出版の

世界に身をおいているのだからと、未だ様々な想いを抱えているご主人の想いを・・・そしてこの

戦争はこちらから送った電文さえきちんと受け止めていたら、戦争も原爆投下も起こらなかった事

実をちゃんと自分の子供たちに話し、お父さんは立派に仕事を成し遂げたんだと理解して貰うこと、

そして事実を後世に伝えていくことが私たちの最後に残された大切な仕事だと、何を言っても仕方

ないと諦める小野寺さんを説得し、この事実を残されたのです。

現代の世でも、何故か正義感のある人間、正直者が損をし、強かに生きる人間だけがうまく生かさ

れている気がする・・・それはいつの世も変わらないのだなぁと改めて感じました。

でも、私は小野寺さんご夫妻のような方がいらしてくださったこと、こんなに日本のため、ご自身

の仕事に対する真摯で本当に一所懸命だった方がいらしたことに本当に敬意を表したいと思います

ね。報われなかった想いではありましたが、周りがどうであろうと、人が何をしようが言おうが、

私はやっぱり自分の思うとおりに自分を生きることの大切さを、小野寺さんご夫妻からしっかり学

べたことを嬉しく思います。すべてが本物ですね。

本当に素敵なご夫妻です。

 

この投稿に際しては大変な怒りや憤りを以て書かざるを得ない気持ちでしたが、今は小野寺さんとい

うお二人の人間像にとても爽やかで温かさを感じています。お二人の勇気に感謝です。

 

 

2016年8月4日

CIMG1604CIMG1608

当ルームのフラワーエッセンスはすべて長野メンタルステーツの富井清文さんの監修を受けて採用さ

せていただいています。富井さんとの出会いは私がまだルームを主宰する前からで、ルームをオープ

ンする際にも大変お世話になり、エッセンスと共に15年ほどのお付き合いになります。

私がルームを主宰してからは、フラワーエッセンスのイベント、プチ講座、カルチャー講座等々様々

な企画を行なってきましたが、その度富井さんには講師として多大なご協力を賜ってきました。

私自身お陰様でたくさんのエッセンスや人との出会いがあり、様々な場面でエッセンスの存在の大き

さにも触れて来ました。エッセンスには計り知れないエネルギーがあり、何かを必要としているあな

たのために良くも悪くも何かを起こしてくれる存在であることを感じてきました。

エッセンスそのものの存在は控えめで、決して主張したり、直球で答えを与えたり教えてくれたりは

ありませんが、ちゃんと考えさせてくれる、導いてくれる、気づかせてくれるものです。

世界中のエッセンス作者とつながっている富井さんのセッションルームには所狭しと世界中のエッセ

ンスで埋め尽くされていて、そこに行けば世界が見える!!そんな感じ。だから世界のエッセンスに

出会ます。

そんな富井さんがご自身で旅に出たり、何かを感じた時にその場で作ったエッセンスを持って来ては、

そのエッセンスの出来た経緯、その時のご自身の想い等よくお聴きしていました。そして私もその度

プレゼントしていただいてはエッセンスをお試しさせていただきましたねぇ。

数年前、そんな富井さんに「世界中の作者のエッセンスを伝えたり広めたりしてきたけれど、そろそろ

富井さんブランドのエッセンスを作家としてこの世に送り出してあげても良いのでは・・・」と提案し

たことがありました。それが今下に出ている写真がスタート。これが「唯我」シリーズです。

CIMG1610

こうして並ぶと壮麗でしたが、ラベルのネーミングがすべて英語。それを見た時とても違和感を感じ、

「富井さんは日本人作家でしょ。世界に発信するのであっても漢字二文字くらいの和名をつけてその

ままの名前で覚えてもらえばいいじゃないのかなぁ」などと生意気な発言をしてしまいました(;^_^A

でもビックリ、次に私の元に来た時にはすべて漢字二文字を基本の和名に命名されていました。

「唯我」「在我」「返上」「放我」「新世」「今我」「開真」「天地合掌」・・・の誕生でした。

***外に求めることをやめ、源である私にすべての力を戻したとき。恐れという幻想を永遠に離れ、

次元を貫いて普遍に立つ私に出会う***   難しすぎて実は私にはよく理解できない部分もあっ

たのですが、和名になったことで何か名前から感じる感覚的なものがあり、エッセンス達が自分のル

ームにいてくれるだけで何か違う「風」を感じ、富井さんらしい素敵なエッセンスが出来たと思いま

したね。その後又新たにエッセンスが加わり、その時にすでに22本の仲間が出来ました。

何故かそれから富井さんとしばらくご無沙汰してしまい、数日前、数年ぶりにひょんなことからお会

いすることに。そしてなんととても綺麗な装丁の箱入りエッセンスを携えて(*^-^*)

あれからさらに11本の「本当の自分のままでいい」・・・をコンセプトに新たなエッセンス登場。そし

て更に上記写真の「創世」シリーズが登場。これは現段階でシリーズ半ばのようですが、***時のな

い魂のいとなみ*** 「美しき龍の鼓動」「気高き龍の静眼」「優しき龍の広背」「麗しき龍の大地」

「限りなき龍の万象」「豊かなる龍の満月」だそうです。  皆さんは何を感じますか???

これについては出来た背景も意味もなんの説明もなく、富井さんには「とにかく感じてほしい、どう

捉えても自由なんだよ。その人その人の想いでいい(#^.^#)」と優しい笑顔で一言・・でした。

正直何だかわからないのですが(;’∀’)、ただ私にはこれにとても惹かれるものがあり「このシリーズ欲

しい(*’ω’*)」と言った途端、富井さんは勝ち誇った顔で「やっぱり!(^^)!絶対大久保さんはこれを選ぶ

と思っていたよ!!」我が意を得たりとばかりにまんまと読まれていたとおりに乗ってしまったことが

ちょっと悔しかったのですが、付き合いの長い富井さんに見透かされているのは仕方がないことであり、

本当はわかってもらえている安心感みたいなものも感じました。

数年前、「作家としてデビューしたら!!」のとおり昨年秋に作家として立ち上がり、様々な出会い

からヨーロッパ各地やアメリカなど欧米やすでに日本人セラピストからの引き合いも多く、すでに各

地でエッセンス達が活躍していて、富井さん自身とても忙しい日々を過ごしておられるとのことです。

去年は偶然が必然を呼び、出会ったロサンゼルス在住の日本人指笛奏者の方から是非ロサンゼルスで

エッセンスの講演をしてほしいと頼まれて、セミナーを行ったそうです。大反響の中、「龍」たちが

デビューを飾ったそうです。

今回たまたま街中で車のすれ違いで私を見かけたとのことで、メールを下さり久々にお会いする中で

作家デビューに至った経緯等お聞きしました。私たちが又お会いするタイミングが来たという事だっ

のでしょうか(#^.^#)

富井さんには「今の自分があるのは、あの時の大久保さんの言葉があったからだよ。自分の作品があ

るのだから作家としてデビューして、世界の作家と今度は仲間として活躍する時が来たのでは、、、、

そして自分の作品を日本人が作った日本発のエッセンスなんだから日本名でまんま出せばいいじゃな

い」 自分の中になかった発想で言ってくれたその時のその言葉で今の自分がいるんだよね。本当に

大久保さんには感謝しているんだ・・・と。単純に素直に思った、感じたことを口にしただけですが、

富井さんの人生を大きく変える源になれたことは私自身も本当に感動です。

富井さんがロスでセミナーを行っている途中「日本発の日本で作られたエッセンス・・・」という言

葉を発した時、自分で言いながら感極まって言葉に詰まってしまったんだよ、とのこと。

富井さんにとって「努力」というよりは、自分がしたいことをしてきたことが「形」になっただけの

ことだと思いますが、それが1番大切なことなのだと思います。想いを形に出来た達成感の涙ですね。

今回富井さんにお会いして、いつもながら富井さんの神的生き方の凄さを改めて感じましたが、私も今

までを何気に振り返ってふと様々な事を思い出したのですが、私の発した「言葉」や「思い」またその

方に見えたことを伝えたことによって、今までと全く違った人生、歩みをされている方って意外に多い

のです。そう言えばいつか「大久保さんの言葉には凄い力があって、本当にその人の人生を左右させる、

全く変えてしまう位の威力があるんだよね」と言われたことがありました。その時はそうかなのかなぁ、

と深く考えることもなくスルーしていましたが、思い返してみますと確かにそうかも(*’▽’)!!!

誰にでも・・・という訳ではなく、そう感じた人にははっきり伝えることもありますし、例えば長いお

付き合いのクライアントさんなんかはいつの間にかそんな状況になっていらっしゃることもあります。

誰でも付き合いが長ければ「その人に見えてくるもの」「感じること」はあるものだとは思いますけれ

ど( ;∀;)

今世の私の使命が「人を育てる」だそうですので、出会った方の人生を導いているのはきっと必然なの

かもしれませんねヽ(^。^)ノ

カウンセラーでありながら、実は「カウンセリング」という言葉がとても私は嫌いなのですが、きっと

悩みレベルのカウンセリングをしている訳ではなく、クライアントさんの未来、先を見据えて関わって

いるのだと思います。だからお付き合いの長いクライアントさんは私が驚くほど人生が変わっていくの

でしょうね。  なんて・・・今気づかされましたが。

これは富井さんのおかげです。(人”▽`)ありがとう☆ございます。お互いさまですね(#^.^#)。

私も自身の「その人を見る」「先を見る」自分の目を信じて、これからの私のライフクリエイトアドバ

イザー(自分で作った職名ですが)としての本当の役割をきちんと果たしていきたいと思います。

これはまさに、新たに仲間となったシリーズ「創世」が持つエネルギーによって気づかされ、これから

の私の在り方をサポートしてくれるエッセンスとの出会いだったのでしょう。

ご自身の人生を変えて見たい、どう生きたらいいの、何をしたいのか等きちんと自分と向き合い、自身

で築き上げていく思いのある方は是非このエッセンスと出会って欲しいと思います。

余談ですが、富井さんがよりエッセンスの効果を上げるグッズも作り出しました。これも凄いです。

なるほどぉ✨✨です。

興味のある方はカウンセリング中実際当ルームで採用してまいりますので、楽しみにいらしてください。