Nature Blog

2017年7月28日

CIMG1837 CIMG1832

朝からの雨降りで少し涼しかったおかげで、やっと「何かしたい!!」という気になり、早速1か月半

振りに石鹸を作ることに!(^^)!

予定もないのに、数日前に石鹸に使うクレイ(カラー)を購入していたので、早速使いましょ(^^♪

今日はローズクレイ。写真のとおりくすんだピンク色。大人カラーですね。

この石鹸の中には、ローズウーマンというボディーマッサージオイルとバラのエッセンスを入れま

した。

いつものことながら、何を使うかは誰かをイメージした訳でもなく、誰のためにでもなく何気に手

にしたアロマやエッセンスを入れています。

形も色も、アロマもエッセンスもすべて「ローズ🌹」づくし。愛が凝縮された石鹸ですね(^_-)-☆

今回のバラ🌹のエッセンスはドイツ語読みで「ツェムト・ローゼ」英語で「Cinnamon  Rose(シナモ

ン・ローズと読むのでしょうか)」ピンク色の花びらが一重の大輪のバラです。

メッセージは・・・

もはや出口の見えない状態の時、希望を持たせるように。

また、新しい出会いに向けて心を開かせてくれる。

心の傷を癒し、楽観的に未来を見る助けに。    チャクラ:ハート💛(第4)

 

ただ、今回はキャノーラ油・パーム核油・ラード(全部で500g)を使用していますが、どれも中途

半端に残ったオイルを使い切るために分量がキッチリにならず、どんな状態の石鹸が出来るのか想像

がつかないままけん化率は0.9で計算しました。が、出来上がりが柔らかかったようで・・・今回は

型抜きして実はガッカリ( *´艸`)。 本来花びらがきれいに出るととても素敵なバラになるのですが、

見た目ギザギザの花びらでツルツル感がなく、どう見ても美しいバラとは言えないような( ノД`)シクシク…

でもね、考えようでルームにある唯一のバラのエッセンス(10本セット・作家ドイツ)は日本のバラ

を想像するとこれがバラ?と思う程、そこらに咲いている野の花みたいなバラや、そうかと思えばす

ごい大輪の美しいバラ、とてもバラとは思えない形、そして色も赤・黄色・ピンク、なんとグリーン

まであり、どれも外国の花らしくはっきりした色が多いのです。

だったら花びらがギザギザでもこんなバラもあり!!!と思えばこれも個性です。捉えよう( `ー´)ノ

 

在庫が減って寂しくなっていたカゴにやっと仲間が増えて楽しくなりました(*^-^*)

こう暑さ💦が続くと何もやる気になれませんが、エアポケットのようにこんな涼しい日がちょっと

あれば、俄然動きたくなるのですから、人間単純なものなのかもしれませんね。

私だけか・・・(*^^*)

 

2017年7月19日

CIMG1812CIMG1813

今年も立派に育ってます、バジル!!!

既に何度か収穫したので、少し寂しくなっていますが(;”∀”)

でも、パン🍞を焼くには十分👌

CIMG1821

バジルとベーコンとブラックペッパーをた~っぷり入れて焼き上げましたヽ(^。^)ノ

暑い家の中ですが💦バジルの香りでいっぱい。イタリアンレストランのようです。う~~ん、

幸せ感じる香りだわぁ♥(#^.^#)♥

CIMG1822

早速今朝の朝食はバジル&ベーコンパンのチーズトースト。

自分で育てたバジルを惜しげもなく使って、自分でパン🍞を焼いて、朝からチーズトースト

って最高の贅沢ですよね。

カリッ、フワッ・・・美味しくないわけがない(^_-)-☆

これに野菜サラダとコーヒー☕で、もういうことなしのBreakfast(*^-^*)です。満足!満足!!

 

今年はシソも育てています。これは日々大活躍中で、数枚づつ大きくなった葉っぱを摘んでは

薬味やはさみ揚げ、サラダなど何にでも登場。

買ってきたシソと違って、まず香りが半端ない。本当にシソの香りが摘んだ時点でパッと周り

に広がって、これだけで食欲が・・たまらなぁ~い(*^▽^*)

まぁ、バジルもシソも全く手の掛からない、放っておいても育ってくれる、これはもう私向き

の、私のためのハーブです!(^^)!

ただしこの暑い中、料理などにこのバジルやシソを使いこなす勇気?手間は欠かせませんが、

夏だけの楽しみですので(⋈◍>◡<◍)。✧♡

2017年7月12日

cimg1671

先日あるクライアント様からお電話を頂きました。

受話器を取るなり、とても明るく嬉しそうな声で、「先生!!!、一つ自分を乗り越えられました!」と。

「すべてがクリアになっての行動ではないと思うのですが、今までの自分では考えられない行動が、先生

に言われた言葉を思い出して、ちょっとの勇気を出すことで1歩前に進むことが出来たんです。そしたら、

今までそんな自分を理解出来ないと責めて来ていた人たちが、いつの間にか他の人に対して自分を擁護し

ていてくれて、驚きと共に本当に涙が出るほど嬉しかった。ありがとうございました(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

内容はお話しできませんが、その方はどうしても自分でクリアに出来ない恐怖・不安をお子さんの頃から

抱えておられました。数年前に1年半ほど私のルームに通われていた頃は別の事で来られていましたが、そ

の悩みも耳にはしていました。ただ、それはその時の苦しみに関わっている原因とは関係がなかったので、

そこは捉えず、ひたすら目の前の出来事に焦点を当ててのカウンセリングでした。

今年初めに数年ぶりにルームを訪れた時は、その小さい頃から抱えていた恐怖・不安に立ち向かわなけれ

ばならないことが起き、その時は自分を押し殺して何とかその場に向かったのですが、全身固まって動け

ずにいる自分が居て、その恐怖を知っている家族でさえその様子に怒りをぶつけて来たそうです。

そこで、これからの人生でこんな事態を何度も経験しなければならない中でどうしたら克服できるかをご

相談に来られました。(カウンセリング内容については中略)

その後やはり又、自分にとっての試練の場がやってきた。でもその時にルームでお話したことを思い出し、

自分を励ましたり、大丈夫!と自身で背中を押してその場に立ち向かったそうです。

ご自分でも驚いたとおっしゃっていましたが、意外に今までの自分が嘘のように最初の1歩を踏み出したら

それからはスッと行動でき、その場で普通に対応できて、そんな自分にも驚いたのだそうですが、その方

の事情を知って以前は目を背けていた方々がそんな自分に目を見張る程ビックリし、よかった!よかった!

ととても喜んでくださったそうです。「出来た、出来た!!! 長い間の苦しみから少し抜けられた自分をほん

と褒めてあげたかった」 人には何でもなく出来ることでも、苦しい人には苦しみなのです。

「嬉しくて、絶対に先生には報告したくて電話してしまいました🌻」というお電話でした。

カウンセラー冥利に尽きるとはこのことだゎと私も本当に嬉しくて感動しました。本当なら目を背けたい自

分にとっての1番弱い部分に対し、これからの人生において避けて通れないことを受け入れ、一生懸命真摯に

ちゃんと向き合った、そして乗り越えた・・・なんて素晴らしい方だろうと私も誇らしく思いました。

「これからも出来るか心配はあるけれど、やっていけそう」とのこと。「慌てなくていい、ゆっくりでいい、

まず先に進めた自分を褒めてあげて。焦らなくていいからね」とお伝えしました。

「はいっ!!!」その力強い返事にこの方はもう大丈夫(^_-)-☆と確信しました。

 

カウンセラーの仕事は、苦しい間はクライアントさんと一緒にその方の人生を共有しますが、問題が解決し

たり、そこから離れたとクライアントさんが感じた時点でカウンセリングが自然に終了を迎えることが多く

あります。ですからこちらが結末を見ないままの状況もあって、時にあの方は今どうされているかなぁ、と

考えることがあります。

 

不思議なことに、お子さんはカウンセリングの終了を迎えると必ずと言っていい程お手紙を下さいます。

全てこのお手紙は私の大事な大事な宝物として、全て保管させて頂いています。(老後の楽しみに(^^♪)

子供の純粋さや愛おしさを今までに何度も経験させていただき、これだからこの仕事を辞められないなぁと

これはいつも私の方が感謝を感じています。大人になってしまうと当たり前と思ってしまうことも、子供達

は純粋に「ありがとう」の気持ちをちゃんと相手に伝えるんだなぁという大切な事を思い出させてくれます。

 

ただ、何年も前にルームに来られたことのある方が、その数年後にまた来られる!ということも度々あって、

以前来られた時の悩みは、問題はどうされましたか?とお聞きすると、「すごいんです。あんなに仕事の事

で悩んでいたのに、ここに来てからすぐに自分の理想の仕事・職場にめぐり合えて、今は楽しくお仕事させ

てもらっています。その節は本当にありがとうございました。今日は別件で(;’∀’)」とか、「今はあの悩み

が嘘のように何の問題もなく、夫婦円満に楽しく暮らしています」とのことで、更にお客様をご紹介くださ

ったりもあります。

いつの間にか予約が入らなくなって、その時にこちらは「カウンセリング終了」かなという感覚でいても、

クライアントさんの方はその後何かあっても、「何かあれば此処(ルーム)があると思うともう少し様子を

見てみようかなとか頑張れたりするんですよ」「それで、ああもう無理!!! と思ったら予約を入れるんです

(#^.^#)」とおっしゃって下さる方が結構いらして・・・へぇ~、このルームが皆さんにとってそんな存在

であってくれるんだと思うと、「会っていない時間もカウンセリング」はやはり成り立っていると感じます。

 

カウンセラーとクライアントさんも相性の問題がありますので、私がどなたにとっても良いカウンセラーで

はないと思います。実はカウンセリングをこちらからお断りすることもあります(自分のキャパシティを超

えるクライアントさんを安易に抱えてはいけないという規則があります)。どの世界でもあり得ることで、

それはお互い様であって仕方がないことでもあります。

でも、ありがたいことに私は素晴らしいクライアントさんに大変恵まれていて、実はクライアントさんから

学ばせて頂くことも多々あります。クライアントさんも私をここまで育てて下さったのだと思います。

クライアントさんの感謝は私の感謝でもあります(*^-^*)

 

 

 

 

2017年7月10日

CIMG1799

ラベンダーの花言葉は「期待」だそうです。

 

先日、某TV番組で、リーダーシープを育てる学校が紹介されました。教育理念に賛同したいくつかの企業が

出資して、愛知県に中高一貫、全寮制の男子校ができ、その授業風景や生活、生徒の様子や将来の希望など、

とにかく学校や寮の環境の素晴らしさは目を見張る程でした。

恐らく全国から選りすぐられた子供たちの集団だと思います。

授業もかなりの難易度で、英語の授業は先生もネイチャーで、生徒同士も英語で会話。

全寮制ですが、生徒同士のコミュニケーションを取らせるために、部屋を狭くし、部屋に込もらないよう配慮

されていたり、ラウンジでは中高分けずに縦割りで関われるようになっている等要所要所に様々な工夫やリー

ダーを育てるための要素を配しているのが感じられました。

生徒は皆、学校生活に充実を感じていますし、優秀な人材?が集まった中で、きっとそこにいる自分に自信や

誇りを持って自分の進むべき道に邁進しているのだという様子が伺えました。

1日の中で、食事や入浴も含めて自由時間は2時間とのこと。それにも特に不自由は感じていないとのことです。

将来の夢(夢ではありませんね、もうそこに向かって歩んでいるだけですから)は学者、官僚、政治家、医者

など、質問して返ってくる答えも当たり前のような職種です。まぁそのための学校ですから(#^.^#)

また、出資している企業から社員がその学校に1年間出向して、生徒達と寝食を共にし、社会の情報など社会人

との接触も試みているそうで本当に至れり尽くせりの将来のリーダーシップ養成学園です。

生徒達も素敵な制服に身を包み、見るからに優秀で将来を約束されたようなお子さんばかりです。

テレビを見ていて本当にすごいなぁ👏とひたすら感心するやら羨ましいやら。教育理念や教育システム、素敵

な建物や環境、そして生き生きしている生徒達。どこを見ても完璧としか思えないこの学校をみて、こんな学

校に通える子供は本当に幸せだなぁとつくづく思いました💛。

 

ただ、世の中は雑多!です。この学校に通える子供たちのようなエリートだけで社会が成り立っている訳では

ありません。今その学校で関わる全ての人達は選ばれし優秀な人間の集まりかもしれない・・・でも社会に出

れば、いくらお勉強ができたとしても、学歴があってもそれが=人間力にはならない場合があると思うのです。

その学園で培った様々な経験が、今の社会にどう生かされるのかを考えると、あまりに純粋培養されていすぎ

ないかと少し不安を感じました。だからこそ本物のリーダーシップを身に付ける教育なのだ!!!ということなの

でしょうけれど、社会に出て1番あてにならないのが机上の知識。知識は大事ですが、「経験」がその人を1番

育ててくれるものです。経験は外にでなければできないことなので、それは今の時点で言っても仕方がないと

は思いますが、その多種多様な経験に立ち向かえる強さとか失敗を生かせる賢さとか、雑多な人たちと上手く

付き合えるか、まとめていかれるかが問われるのがリーダーシップの資質だと思うのです。頭がいいだけでは

解決できないこともたくさん目にするようになるでしょう。偏った人種の中で「こんなはずではなっかた」が

1番怖い思いかなと、ふと社会経験が長いだけの私ですが、本当に対応しきれるのかと心配になりました。

人の上に立つ人は、相手を読み、自分のすべきことがなんであるか、自分には何を臨まれているかを感じ取る

柔軟な発想や人間力が必要とされると思います。

出資会社に孫 正義さんの会社が含まれていませんでしたが、孫さんが日本の学校で感じた違和感に退学まで

してアメリカに渡り、アメリカの学校で学んだすべてを生かして今あれだけの会社や地位を築き育てました。

K学園のみなさんは大変優秀な人材の集まりです。だからこそ小さな世界に捉われず、視野を大きく持って、

様々な人々や経験に挑んでいって、本当の意味でのリーダーになって欲しいと思いますね。

 

比較的お勉強のできると言われる人間は、脳の偏桃体(感情をつかさどる)とその周辺部分の発達がしてない

人が多いと聞きます。要するに人の気持ちが理解できない、読めないということです。

なるほど!ですよね。今回お騒がせの議員たちの暴言や暴力、最近の医学生らの犯罪等、人を人とも思わない

卑劣さやおごりが招いた事件でした。誰もがもてるわけではない最高学府を持ち、更に人を思いやる気持ち、

人を大切にすることを知っていれば絶対に起きない事件ばかりでした。愚劣な事件で、今までの経歴もこれか

らの医師や政治家としての将来も本来なら失ってしまいますよね。まぁ政治家は同士で護りあっているので、

何らかの形で居残れるのでしょうけれど・・・。誰もが簡単になれる職業ではないだけに勿体ない人材だと思

いますよね。そんなことを繰り返している日本だから「頭だけ鍛える教育」で済んでいるのでしょうけれど、

これでよいのか今見直さなければ日本の将来どうなっていくのでしょう。

学園に限らず、どの教育機関でも教育システムの中に「人間力を鍛える」「KOKOROを感じることがどれだけ

大事か」を教えるカリキュラムを是非組み込んで欲しいと思います。

 

 

2017年7月1日

今日は珍しく朝から結構な雨が降っています。やっと梅雨らしく。私は雨の日も好きです。外に出た

り洗濯などの家事を諦めると自分の時間がたくさん出来て、さぁて家の中で何しようかな(*´з`)なん

て考えると楽しくなりますよね。

そこで少しご無沙汰してしまったブログをまず・・・

 

今年世の中の前半って、何だか良くも悪くも「怒涛」という言葉がピッタリくるような日々だった気

がします。

それは政界であったり、芸能界やTV界、スポーツ界や将棋の世界であったり、この半年間毎日のよう

に、えっ!(*_*;、エッΣ(・ω・ノ)ノ!!、驚きにも称賛もあれば怒りもある、喜びもあれば呆れ果てたり

がっかりしたり、残念なことも・・・と、人々に様々な思いを抱かせ、もの凄く大きく心ざわめいた

半年だったと、そう感じるのは私だけではないはず。

 

とにかく嬉しかったのは何といっても10代という若い世代の大活躍ですね(*^^)v

大人の怒りに震えるようなニュースが続く中で、このような話題は本当に心救われ、ホッとしたり

嬉しかったり、真剣に応援したり・・・

将棋界ではデビューと同時に負け知らずの63年ぶりに28連勝を超える連勝を決めた14歳の藤井四段。

凄いのは何回目の対局であれ、いつも変わらぬメンタル、姿勢、思いは10代だからこそなのか、彼の

「淡々と」した表情はすでに大物の雰囲気を醸し出していますよね。

名人の羽生さんは、いつでもどこでも将棋盤が頭に浮かぶともうその中で将棋を打っているとか・・

だから運転免許を持たないのだそうです( ;∀;)…ですよね、危なくてハンドルもたせられない💦。

私は将棋を良く知らないので語ることはできませんが、何手先を読む(何十、何百までも)とか対局

に何十時間って考えられないですよね。人間そんなに集中力が続くものかとひたすら感心してしまい

ます。が、将棋の名人になんて誰もがなれる訳でもなく、そこに行きつくまでの道のりが果てしなく

遠く、28連勝が60年以上も破られなかったことも藤井君の存在で知った世界です。

藤井四段は小さい頃から負けず嫌いで、負けると大泣きしていた(大事なことです)位の子だったか

らこそ、今の負け知らずの新しい一手を携えての連勝記録なのでしょう。ただ、このまま勝ち続ける

ことを誰もが希望していると思いますが、何連勝記録より、まだ若いので「負け」を知る、「挫折」

もしっかり味わうことで更に強くなっていって欲しいと期待しています。

スポーツ界でもどんどん活躍する選手が10代と年齢層が低くなり、活躍する期間が長くなるのも嬉し

いことですよね。これからが本当に楽しみです(⋈◍>◡<◍)。✧♡。

 

これからの時代を担う若者が頑張っているというのに、政治に携わる人間達大人は一体何をしている

のでしょうか(*ノωノ)。本当に恥ずかしいですよね。

一流と言われる経歴(何を以て一流なのかわからなくなりましたよね)を持ち、国民の代表として一

国を護るべき人たちの失言・暴言・暴力、不貞や汚職、とんでもなく大きなお金、それも国民の血税

を使って自分たちの利益のために平気で簡単に動かしては、バレれば慌てて人のせい(人として1番

最低)にしたり、自分は知らぬ存ぜぬで訳の分からない言い訳したり、あれだけニュースで騒がれて

いく末を見ている我々の思いは届かず、何故かいつの間にか真実や解決を見ずして問題がどこへやら

・・・それも立場のある人間であればそれも出来てしまう、通してしまう!!!どんなに周りが怒っても

責めてもどうもならない結末でスルー、こんなやりきれなさをこれほどまでに感じた年もなかったか

もしれません。本当に信じられない不祥事続きでした(*´Д`)(まずは安倍首相の人選・組閣ミスで、

そこから始まっている気もしますが)そもそも政治家の資質って何?が問われる事態です。

でもこれが日本の政治屋さん達。だから教育においても国民の生活においても問題だらけでいつまで

たっても良くならず、不安要素や不満要素だらけの現状が変わらないのでしょう。そのくせ外国には

媚びて言いなり、というなんともお粗末な政治屋さんの集団です。

もちろん選んだ国民にも大きな責任はありますが。

まずこんな人間を輩出してしまう今の日本の教育の在り方に大きな問題があるとつくづく感じます。

 

先日、某TV番組で優秀なリーダーシップを養成するための中高一貫校を有数の企業が資金を出し合っ

て設立し、どんな理念を持ち、どんな教育し、どんな特徴を持つかなどを放映していました。始めは

なんて素晴らしい(´▽`*)と絶賛して見ていましたが、よく考えるとこれは何か絶対違う!!✋とい

う思いに駆られました。このことについては又次のブログで!(^^)!

 

又今年は、渡瀬恒彦さん、野際陽子さんのような大物俳優、そして小林麻央さんという人々にとって

大きな希望だった方が相次いで亡くなり、この喪失感は大変影響がありました。本当に残念ですが、

命の尊さや健康のありがたさなど、そして病気になった時の本人や周りの家族としての向き合い方等、

考えたり見直すこと等本当に大事なメッセージを残して下さったと思います。

また、何と言っても芸能人・タレント・医師等の薬物や暴行事件。これはもう言語道断。人としてど

うなの❓という基本的にあり得ない、あってはならないことで、本当に本人も周りも不幸にする事件

続出でがっかりの報道続きでした。

今年は出来事のひとつひとつがあまりに大きすぎて、この上半期はとても重かった・・・という気がし

ます。

 

まぁ、私事でも様々な事をどう捉えるか、どう決めるかで本当に悩んだり考えさせられることが多く、

珍しく気持ちの整理に時間がかかった感じで苦しい日々でした。未だ結論は出ていませんが(´▽`*)

この仕事を始めてから1度も引かなかった風邪をひいたり、インフルエンザにまで罹ったり(;´・ω・)し

た位でしたから、自分にも一体何が起きてるの?と思う日もありました。でもきっとまずは一息つい

て休もうよ!という時期だったのでしょう。

大分前ですが、「最高の休息法」を読んでいて良かった♡と思いましたねぇ。お陰様で自分に何かが

起きた時、最初はうろたえますが、そうだ!!!と私の大事なメンターである本📚の存在を思い出すと、

今起きていることの意味が納得出来るのです。いつの間にか遠のいていた「マインドフルネス」再開

しました。やっぱり凄い!!!これを知っていて本当に良かったと改めて思いました。私が以前、この本

を手にして感動し、ブログで紹介したことがありましたが、最近本屋さんに行くと、かなりの冊数が

平積みされていて、ああ今なんだぁ!(^^)!とちょっと驚きました。

孫さんやスティーブ・ジョブズ等、起業のトップに立つような方は特に皆このマインドフルネスを実

行されていますが、トップは非常に孤独でありながら様々なことと向き合っていかなければなりませ

ん。きっとそんな自分を支えたり前に進めてくれるのがこのマインドフルネスなんだというのは、私

もやっていて理解できます。雑念だらけの私は少し苦労しますが(;”∀”)大分慣れてきました。

私自身にとっても深い思いの半年でしたが、今は無理に決めずに流れに沿ってみようと思えたのもこ

れのおかげかなと思っています。

人間、時には止まってみることも大事。「時期を待つ!!!」ことにします(#^.^#)。これで逆に先が見え

てくる気がしています。