Nature Blog

2018年11月23日

自分が誰かに相談事を持ちかけた時に、割と普通に相手から「私の悩み(抱えている問題とか)

に比べたらあなたの問題なんて大したことないわよ、大丈夫!大丈夫!!」とそんな言葉でいなさ

れた経験ありませんか。

私がこの仕事をするようになって15年。それまでそんな言葉が私の周りでも当たり前に飛び交っ

ていた気がしますが、多くの方の悩みや問題をお聴きするようになってからは、簡単に自分の悩

みと人の悩みの重さ比べをして、自分が1番の苦しんでいる被害者かのように相手の思いを軽視し

てしまう人の言葉が気になるようになりました。

私はあまり人に相談したり、悩みを打ち明けることがないので最近はそこに焦点を当てることも

なかったのですが、久々に「まだまだ貴女の思いなんて軽い軽い。私なんてどれだけ傷ついてき

たかを思えばそれ位で落ち込んでなんていたらこれからが大変よぉ」と。その言葉を耳にして、

悩みの重さはそれぞれで、どんな内容であっても誰かと比べて重いとか軽いとかで判断すること

ではない。今目の前で辛い思いをしている人にとってはそれが最大限の苦しみでしょ(# ゚Д゚)とと

ても怒りを覚えました。

「私より・・」はあなたの主観であなたの図りだけで測っただけのものです。勘違いしないで!!!

 

今までその言葉を意識して来なかったのは、きっと私のルームに来られる方は、まず誰よりマシ

だの重いだのそんな軽はずみな発言をする方がいなかったからだと思います。カウンセリングル

ームに来られるほど苦しんだ経験のある方は、そんなこと人に対して決して口にしませんから。

いつか「世の中にはもっといろんなことで苦しんでいる方がいるのに、こんなことで悩んでいる

自分が情けないですよね(´;ω;`)」と言われたクライエントさんがおられましたが、「悩みや

問題は人と比べるものではないですよ。あなたが苦しければそれはあなたにとって重いものだか

ら」と言ったことがありました。ホッとされて「そっかいいんだぁ悩んでも」とおっしゃった時

になんてこの方は優しいんだろうと思ったことを思い出しました。精一杯この方の力になりたい

と心からそう思いましたよねぇ。(*’▽’)

 

「貴女より私の方が余ほど・・・」を言えてしまう人は、本当の苦しみも知らなければ、人生経

験も浅い人なのだと思います。自分の小さな世界しか知らないから、自分の悩みが、問題が自分

の中で1番大きい!!!。だから私が1番の被害者で、1番苦しんでいる人になるのでしょう。そうい

う人に、人の思いに共感したり理解したりが出来るはずはありません。

悩みを抱えている方へ・・・問題に大きいも小さいもない!!! 重いも軽いもない!!! 誰かと比べる

ものでもない!!! 今抱えているあなたの悩みはあなたにとっては大事な問題なのです。それに真摯

に向き合っている人は凄いと私はいつも感じています。

堂々と悩んでください。悩むということは、向き合うということは前に進みたいと思っている証拠

です!(^^)!

2018年11月22日

先日ブログで最近よくフジコ・ヘミングさんのピアノを聴いていると書いたその直後、NHKで「奇跡のピ

アニスト、フジコ・ヘミング」の特集が放映され、何故今?とビックリΣ(・ω・ノ)ノ!でしたが食い入るよう

に見入ってしまいました。私が「フジコ・ヘミング」その名を知ったのは今から20年程前でした。

初めて彼女の弾くピアノを聴いたときは、その研ぎ澄まされ、洗練されたあまりに美しい音色に本当に全

身が震えるほど感動しました。ピアノの音色に感動するなんて私には初めての経験だったのでその時の感

覚をよく覚えています。

「リストを弾くために生まれて来た人」と称される位、リストの難しい曲を得意として演奏をされていま

すが、確かに何枚か持っているCDもほとんどリストかショパン、シューマンの曲ですね。

今回は1999年ETV特集で放映された「フジコ・ヘミングのピアニスト人生の軌跡」を追った番組を再放送

し、NHKアナの森田美由紀さんとゲストの美輪明宏さんが振り返りながらさらに現在に至るまでのフジコ

さんについて語るという番組でした。

フジコ・ヘミングさんがピアニストとして日本で脚光を浴びたのが今から20年ほど前、私がその名を知っ

たのもちょうどその頃。その時初めて出したCDが300万枚売れたと今回初めて知りましたが、私もそのCD

をその時手にしていました。それが最近聞いているフジコさんのピアノです。

現在80歳を超えたフジコさんは今も現役でピアノのコンサートを行っていらっしゃいますが、1999年にN

HKで番組を特集されるまでピアニストとして日本で脚光を浴びることはなく、60歳を過ぎてのデビュー

(日本では)は驚きです。

ただ、フジコさんはスウェーデン人の父と日本人の母の間に生まれ、ピアニストであった母から厳しい指

導を受けてピアニストになり、4年前お母さまが亡くなって日本に帰国するまではずっと海外で活動されて

いました。とは言っても、フジコさんの人生は普通では考えられない程数奇で、あまりの波乱万丈な生き様。

きっと、まずはフジコさんの生きてきた軌跡を追わないとフジコさんご自身を‼フジコさんのピアノを‼語

ることは出来ないのかもしれません。

ただ、私がフジコさんという方に引き付けられるような魅力を感じるのは、どんな状況、どんな環境の中に

あっても「ぶれない自分を持っている」こと。どんな境遇の時でもそれを楽しんでいること、面白がってい

ること・・・そこが凄い!!!普通の人間には出来ないことだと思います。何故そういう自分でいられるのか。

初めてフジコさんをTVで見た時、正直その服装が衝撃的💦まるでボロのカーテンでも巻き付けているのか

と思う程大胆で何?という感じ、ヘアスタイル?とはいえないようなグシャグシャの頭。とても不思議な感

じでしたが、アーティストってこんなかぁ(;’∀’)と、まぁ変わってはいるけれど、全てピアノの凄さでカバー

してるからいいのか(#^.^#)位に当時は思っていました。

でも今回改めてフジコさんという方を、生き方を改めて見ていて「そうじゃない!!!」と気づきました。

子供のころから「人と同じことをするのが嫌い」と服にペイントしたり、レースや飾りを自分なりにアレン

ジしてお気に入りの服にしてしまう・・・それこそが貧乏でも「楽しむ」「面白がる」技だったのですね。

20年ぶりに改めてフジコさんを見て、今も変わらない服装やヘアスタイルは逆にフジコさんの魅力に感じ、

「らしさ・・・」を貫くフジコさんの生き様を見ている気がしてなんて可愛らしい人なんだろうと思いまし

た。あのぶれない生き方は羨ましささえ感じました。

フジコさんご自身がつい口にした「この世には悪魔が棲んでいる」と言ってしまう程の挫折や絶望を何度も

何度も味わい、4年前日本に帰国してからも「もう人前で弾くことはない」と決めていたフジコさんでした

が、NHKで特集番組を取り上げて以来、フジコ・ヘミングのピアノコンサートが各地で演奏され、いつも満

席、最後はスタンディングオーベーションだそうです。80歳を過ぎて今も現役・・・求められている間は弾き

続けるわ、と。人生本当に何が起きるかわからない!!!ですね。

フジコさんは語ります。「私はピアノがうまい訳ではない。今はテクニックが素晴らしい人なんてざらにいる。

でも私の弾くラ・カンパネラが1番好き。他の人の弾くカンパネラは嫌い。演奏中間違えることだってある。で

もいいじゃない、機械が弾くわけじゃないから間違えて当たり前。人間が弾いているのよ。私は何も自分に5し

かないものを10見せようなんて思ってない。でもその5をちゃんと出しているだけよ」と。そして「自分がコケ

ないために夢をみる力を持つこと。夢は時間が掛かってもいつか実現しますよ!!!」ですって(*´▽`*)。

当たり前の様ですが「自分」を持っていないと簡単に言える言葉ではないのでは。説得力ありますよね。

最後にコメンテーターの美輪明宏さんの言葉。

過酷でも小さな幸せに目を向けて、自分を憐れまない。目の前の幸せだけ。この世には正負の法則というのが

あって、苦あれば楽あり、楽あれば苦ありで光を知るには影が必要。闇の中から光を見つける。だからいい事

だけでは幸せになれない。両方あってバランスが保たれるのです。フジコさんはどんな絶望の中にあってもピ

アノから離れなかった。健全な精神を持ち続け、ひたすら弾き続けたから今がある。人には誰にも天から授か

った使命・責務がある。何があってもそれを全うするかしないかだと思う。私は私。「個」であることを大切

に。フジコさんは本当に優しい方。様々な経験や乗り越えた挫折、そして優しさがピアノに出てあの音色にな

っているのだと思います。でも優しさは強くなければ優しくはなれないもの。自分を信じる心があったからで

すね。大事なことです」

 

番組中、フジコさんの口から語られた言葉、美輪さんの言葉、まだまだお伝えしたいことがたくさんあります

が、今日はこの辺で。いつかフジコさんの生きた軌跡も自分の覚えておきたい物語として書き綴りたいと思い

ます。

フジコ・ヘミングさんの人柄も、ピアノも、生き方も、服装も、ヘアスタイルも、全部大好きです💛プラス+

フジコさんの声や話し方は本当に知的でとても素敵です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

2018年11月14日

これは先週のある朝・・・目覚めとともに眩しい朝焼けが目に入り慌てて📷。幻想的でとても素敵でした!!!

旅から戻って、ああ又現実に引き戻されたなぁと何となく気持ちが乗れなかったのですが、この朝焼けのおか

げで、一気に気分爽快に(*´▽`*)

その日は1日、何故かいいことづくめだったような(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そういう意味でやはり朝は大事ですね。そして人間やっぱり気持ちの持ちよう次第なのかもしれませんね。