Nature Blog

2019年2月17日

3種類のバスオイルを作って以来、その日の気分でオイルを選んで、とにかく毎日小さじ一杯ほどのオイルを湯船

に淹れて1か月が過ぎました。(ただ習慣化していただけなのですが💦)

① 保湿用バスオイル・・・オリーブオイル・こめ油・ホホバオイル、ラベンダー・ベルガモット・ペパーミント

② ビタミンEたっぷり・・グレープシードオイル・こめ油・ホホバオイル、スイートオレンジ・ゼラニウム・レモン

③ 受験シーズンぴったり・スイートアーモンドオイル・グレープシードオイル・こめ油、ローズマリー・ティートゥリー

マージョラム(このバスオイルは他に血圧降下、血行促進、緊張・不安抑制にも効果あり)

このオイルを使い始めてから、とにかく1日中全身の肌がしっと~りすべすべで、去年までは水仕事の度ハンドクリームは

欠かせなかったのですが、今年は寝る前に1回、手の平にサッと塗るだけで済んでいます。(忘れる事すらある)

驚きがリンス要らず。オイル入りのお湯をシャンプーの後サッとかけて、ヘッドマッサージをするようになって、もしかし

たらリンス必要ないかも試したら、髪が滑らかでさらっさら。指通りもスッと流れるようですよ。今はリンスなしです。

オイルと共に厳選して淹れたアロマオイルの効果なのか、今年に入って自分に起きる様々な事に「変化」を感じるようにな

ったのです。その根底に自分の気持ちの持ち方の変化を感じていたのです。

というか、先に最近自分の考え方、捉え方が以前と何かが違うと気づき、どうしてだろうと考えた時にもしかしたらアロマ

かな?(そもそも自身はフラワーエッセンスには興味があってもアロマには特別の思いはなく、ヘッドリンパケアをルーム

で行うようになり、施術の際アロマオイルが必須だったため、学んだり取り寄せて使用していたのがきっかけです)もちろ

んそれだけではないとも思いますが、「考え事はお風呂」の私が考える内容、思いつく内容の変化を1番感じたのがお風呂で

の自分だったのです。使う必然性がある前は興味のなかったアロマですから、そこに気づけたのは逆にアロマしかなかったと

も言えるのかもしれませんが・・・でも初めてアロマって凄かったんだぁ!!!(;^_^Aと思えた瞬間でした(´▽`*)。

バスオイルを作った時はここまでの効果は考えもしなかったことでしたが、1か月間使い続けてみて思わぬ効果を知って、興

味のある方には是非お勧めしたいと思いました。混ぜればいいだけの簡単グッズですから(#^.^#)

もう冬の乾燥なんて怖くないぞぉ\(^o^)/

それとお風呂の中がいつもいい香りが漂っているのと、湯船がザラザラしなくなり、なんとなくカビの発生頻度が遅くなった

ような気がします。お風呂洗いがとても楽に🎶。

これも凄くないですか(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

2019年2月15日

待ちに待った「ピアノの森」シーズン2が始まり、すでに3話まで放映されました。

前回ショパンコンクール第一次予選最終日、一ノ瀬 海君の観客、審査委員皆を唸らせる感動的素晴らしい

演奏で終了したままだったので、コンクールの行方やそこで登場するピアニスト達のそれぞれの人生が謎の

ままで、そこから先のストーリーが知りたくて本当に待ち遠しい日々でした。

マンガ本はすでに26刊まで出ているのは知っているのですが、先に知りたくなくて敢えて見ませんでした。

シーズン1は、森で拾ったピアノをおもちゃ代わりに育った一ノ瀬 海と海の小学校に転校してきた世界的

に有名なピアニストを父に持つ家庭的にも恵まれた雨宮修平との出会いから、森にピアノを捨てたのがその

小学校で音楽教師をしていた阿字野壮介であったこと、様々な必然の出会いにより、海君が阿字野先生を師

事としてピアノで生きていく覚悟を決めることで、そこから生まれるいろいろな人間模様が描かれたアニメ

作品です。様々なピアノ曲が聴けるのも癒されるひと時でしたねぇ。

ショパンコンクールに出場することでそこに多くのコンテスタントが登場し、海君自身も相当数奇な人生を

歩んできたと思いますが、そこには若いながらももっともっと様々な事情を抱えながら生き、今こうしてこ

の舞台に向かっていて、その演奏は生き様が音となって会場に響いて観客の心を掴んでいる・・・感動せず

に観る、聴くことができない物語です。

シーズン2はまだ3話までなので今は何とも言えませんが、主役が海君というより、コンテスタントそれぞれ

の人物の生き方が描かれていて、テレビに食い入って(私自身相当感情移入してしまっています)観てしま

います。13話はショパンコンクール1次予選の発表から始まります。ポーランドでは1線を行くピアニストの

カロル・アダムスキーは本人も当然ながら誰が疑うこともなく予選通過が当たり前のはずが、落選。

シリーズ1では、海君には絶対勝てないとひたすら自分を追い込んで苦しむ雨宮修平に対し、順位は問題で

はないと言いつつ、落選して立てない程落ち込む自分に向き合いながらも、予選通過してもなお不安と恐怖

に怯える修平に、ピアノを弾くことの意味を、素晴らしさを伝える。ピアノは人と比べるものではない、自

分の音を誰かに聴いてもらう、それで人を幸せにするピアノを弾くことだと伝えた、それによって自分の思

い込みで自分の世界を狭くしていたことに気づかされた修平はやっとピアノと一体になり楽しむことを知っ

た。やっと呪縛から解き放され2次の演奏では今までにない自分を表現することで自分に覚醒を起こした。

でも、偉そうに雨宮に助言したカロル自身は、落選した自分には誰もいないことに気づき、これからどうし

たらいいんだ、独りで立ち直れるのかと涙する。そんな時以前決別したカロルの先生と再会。先生はカロル

の演奏をコンクール会場で聴いていて、カロルの選曲がショパンの生きた軌跡を辿ることで選んだ曲である

こと、ショパンがどんな思いでその曲を作り演奏していたか、ちゃんとラファエル先生は読み取っていてく

れた。先生の「この選曲は名付ければ”ショパンの旅路”」だね。「ショパンが君のピアノを聴いたらきっと

君を大好きになるよ、カロル」。自分から捨てた先生にこんな言葉を掛けられたとき、カロルは一人ではな

い、そしてどれ程救われたことでしょう。きっともっと素晴らしいピアニスになるだろうなぁと本当に感動

と共に心がほっこりしました。人はひとりではない!!!本当にそうなのかもしれませんね。

14話目の登場。パン・ウェイという中国人のピアニストは本人が生まれて来なければよかったと言ってしま

う位「慟哭の人生」と言って過言ではない程悲惨な生き方をしてきた。人に憎しみを抱くことしか知らない

世界に生きて来た、それが演奏にも見えて恐怖を感じるようなピアノを弾きます。が、何故か人を虜にして

してしまう位誰にも出せないその音色が美しいのは何故なのか。曲の中に込められた怒りや苦しみは計り知

れない・・・のに。14話はこのパン・ウェイの21年間の生きた軌跡でしたが、凄すぎて重すぎて・・・でも

そんな彼をピアニストに導くきっかけとなったのが、阿字野先生のピアノでした。「地獄の中に一筋の糸」

を見つけたとパンは表現していますが、この音がなかったら彼は死んでいたかもしれません。

事故でピアニスト生命を失った阿字野壮介に代わり、自分を救ってくれた阿字野の音の継承者になると。

これが彼の生きる原動力になったのですね。事故以来音楽の世界から離れていた阿字野先生はそのことを勿

論知りませんが、このコンテストで初めてその音を耳にします。この世界に生きて来た人は誰もが阿字野先

生の再来と見抜いています。阿字野先生は自分よりもっと深い悲しみを知っている音だと感じますが、どこ

か自分に似た音を表現してくれている彼に何か優しい感情も抱いたのでしょうね。パン・ウェイの阿字野先

生を見る目に初めて人間らしい柔らかさを見た時、何故かほっとしました。いつか二人が繋がるといいなぁ

と思わずにはいられないシーンでした。

 

自分では気づいていなくても、自分の存在が、言葉が、音が、何かが誰かの人生に影響を与え、生きる力を

与えているとしたら本当にこんなに素敵なことはない!!!これは素晴らしいことですよね。そんな人間になり

たいものです。ただ、逆の場合もあるのが怖い所でもあるのですが。

 

第15話が先ほどの雨宮修平君の2次での演奏になります。カロルの言葉は本当に生きています。6年もの間ず

っと海君への執念に取りつかれていた修平をカロルは解き放ちました。ピアノはただの楽器。でも音は自分

が奏でる、作るものだというカロルの言葉は修平君を本物のピアニストにした。そんな事が出来るカロルの

ショパンコンクールに懸ける演奏への想いをちゃんと感じることができる審査員であれば、落選はあり得な

かった。こんな権威のあるコンクールでさえ審査員の「取引き」が行われているのかと、それはとてもがっ

かりしました。コンテスタントは何を信じていればよいのかと。

この「ピアノの森」2は主人公が毎回代わり、コンテスタントそれぞれの人生が描かれています。

毎回毎回、さらに広がった世界にものすごくいろいろな事を考えさせられます。

昨年のシリーズ1に続き2も、実は毎日観ずにはいられない程私は惹きつけられています。

大好きなドラマや本はたくさんあって、本は📚何度も読み返したりもしますが、こんなにのめり込んだ作品

はかつてなかったかもしれません。

何がそんなにと不思議に思う事もありますが、きっと自分のどこかではわかっているのだとそんな気がします。

今、無理やり言葉や思いにして引き出さなくても、恐らくどこかで生かされる時、事があるのだと思います。

そして、「ピアノの森」と出会ってから、ショパンやリスト、ラフマニノフなど作曲家・ピアニストの生涯が

描かれた本やポーランドはどんな悲劇に遭ってきた国なのかを知りたくて歴史の本など、様々なジャンルの本

とも出会いました。

「ピアノの森」は私の生涯に絶対手放せない「宝物」になっています。

この先のストーリが増々楽しみであり、ちょっと怖いのですが、やはり私は海君の大ファンなのでコンクール

で何か結果をだしてくれたらと願わずにはいられません(;^_^A

頑張れ!!!、海君🎹🎶

2019年1月18日

明日あさっては、いよいよセンター試験。これを皮切りにこれから受験シーズン到来ですね。

受験生の皆さんは勿論、将来の目標に向けてその扉を開くまず第1歩として、今日まで一生懸命この日

のために準備をされて来ました。ご本人だけでなく、ご家族も共に一緒に歩まれて来ましたよね。

ここまで来ると後は気持ちと風邪をひかないようにと体のケア、そして神頼み!!!(;^_^Aでしょうか。

 

出来ました!!!自分でもびっくり。偶然にもなんと受験生のための究極のバスオイルが\(^o^)/

今日、たまたま私の手元にあったスイートアーモンド(30ml)というキャリアオイルがあまり保存が

効かないということを知り、それではと3本目のバスオイルを作り始めました。

このオイルはオレイン酸・リノール酸・ビタミンB&Eを豊富に含んでいて、この乾燥している時期に

ピッタリのオイルとのことで、輪をかけてこれでもか状態に先日同様グレープシールドオイル(60ml)

とこめ油(10ml)をブレンドしました。栄養満点です。

さて、次はエッセンシャルオイル。

エッセンシャルオイル(精油)は使う目的によって選びますが、それぞれの性質や使っていい人、良く

ない人・場合(例えば妊婦さん、子供、使用した後に紫外線にあたってはいけない等々)や精油同士の

相性、ノートと言ってそれぞれが揮発度が違うためそれによる組み合わせを考えたり、ブレンディング

ファクターといって香りの強さも皆異なるため、これには気を付けないといくら目的に合っていてもと

んでもない香りになってしまったりと、様々な組み合わせで使いますので、とても気も遣います。

スイートアーモンドは実は初めて使うオイルだったので、何か特別なものを作りたいと思いました。

直感で最初に手にしたのがローズマリー(10滴)。これは記憶力・集中力UPにとても効果がある!!との

こと。次に手にしたのがティートゥリー(4滴)でこれはイライラやショックを和らげたり、抗菌効果

と風邪予防に効く。そうか明日あさってはセンター試験だし、だったら受験生のためのオイルを作ろう

\(^o^)/とこの2つと相性が良く、かつ役に立つのはと見つけたのがスイートマージョラム(10滴)。

これは緊張や不安を抑制し、血圧降下、血行促進に効く・・・ってこれ受験生にとってこれ以上のアイ

テムなくない?と嬉しくなってしまいました。究極ですよね(´▽`*)

簡単に作れます。私の完全オリジナルレシピですが良かったらどうぞお試しあれ。まだ間に合います!!!

ただし、精油の滴数は私の勘だけですので、これはご自身で調合みてください。また、体や肌に合わな

いこともあるようですので、パッチテストなどしてからご使用くださいね。

 

エッセンシャルオイルというのは・・・原因不明の症状の改善だったりストレスからの解放やデトック

ス効果等々。癒しのメカニズムとしてはちょっと難しくなりますが、鼻から脳(嗅上皮の粘膜が精油成

分をキャッチし大脳に伝える)脳を刺激することで癒しの作用に繋がります。呼吸から肺に入った成分

は血液から全身の組織に伝わりそれぞれの役割を果たします。このように様々な効果を持つ精油とオイ

ルを組み合わせて作った手作りの石鹸やバスオイルなどはきちんとその成分を生かして私たちの心や体

に届けてくれる優れものなのです。

受験生のみなさんは、ここまで精一杯の努力を積み重ねて来ました。その努力は「結果」としてちゃん

と現れてくれますが、もう本当にこの時期のご家族の皆さんはただただ祈るばかり・・・その気持ちは

以前、受験生の母をしていた私にもよーくわかります(*^。^*)

せめて少しでも何かの役に立ちたいと思う所ですが、唯一くつろげるお風呂タイムだけでもこんな気遣

いをして差し上げて頂けたらと、急いでブログをUPしました。

お役に立てたら幸いです(⋈◍>◡<◍)。✧♡。

頑張れ🏁 受験生( `ー´)ノ

 

2019年1月16日

稀勢の里の引退・・・残念です。

確かにこの3日間の取り組みをみれば、3連敗は引退に匹敵する結果、「横綱として当然でしょ」だの

「もう無理では」だの世間は当然の反応をすると思いますし、何より本人がその重責に耐えられなく

なって圧し潰されそうになっている今、引退の決意をするしか道はないところまで追い込まれたと思

います。この3日間、土俵際に登場する稀勢の里の顔の表情にもどこか焦点のあってない感じがして、

プレッシャーというより自身の存在すら上の空になってしまっているような感じを受けました。

私は相撲に興味がある訳でも、稀勢の里のファンでもないので相撲を視聴してきた訳でもないのです

が、最近何かと話題に上がる相撲業界で、この初場所は特にもう後がない唯一日本人横綱力士である

稀勢の里の進退がかかる場所と聞いて、初日から何となく今回は番組の終わりの方だけ観ていました。

初日の御嶽海戦は、御嶽海にとっても今場所は三役から落ちての復帰戦になるため、どちらも負けら

れない闘いにはなるし、どちらも応援したいしで複雑な心境で観ていました。

初日は私自身も肩に力が入ってしまったり(;’∀’)複雑な思いもあってわからなかったのですが、翌日の

稀勢の里の取組前の顔は、すでに負けの顔していて、観ているのが少し切なかったですね。負けた時

は「やっぱりー(*´Д`)」と。でもここで引退宣言はしないだろうと思いました。

昨日3日目の敗戦で、「引退」という言葉は当然囁かれるだろうけれど、本当は開き直る位の気持ちで

今場所は出続けて欲しかったと思いました。

稀勢の里は本当に辛かったと思います。後がない立場での、トップゆえの「孤独」との闘いはあまりに

も過酷過ぎたような気がします。

 

大企業であっても、私のような石ころごとくちっぽけな事業主でも、世界に羽ばたくアスリートであっ

ても、「孤独との闘い」は上にたつ身としてある意味様々な重さを背負う身として当然なのだとは思い

ますが、やはり皆同じ人間です。くじけることもあれば、不安に押しつぶされそうになることだってあ

ります。ひとり悶々と悩み苦しむのは、誰にもできない何かを背負った者の宿命なのかもしれません。

 

稀勢の里の後がない・・・本当に後はないのでしょうか。歴史や伝統を守ってきた日本の国技である相

撲の慣習から決めつけられた道であって、大事なことかもしれませんが、人ひとりの人生でもあります。

こんな形で「引退」に押しやってしまっていいのか。こんな辞め方、稀勢の里自身がこの先生きていく

中で絶対納得がいかない、下手をすれば一生自分を責めて生きていってしまうのではないかとそんなこ

とを心配してしまいます。

日本人はすぐに白か黒か、いいか悪いかと決着をつけたがりますが、2度目の優勝の時も「待つ」こと

をしてあげられるシステムがあったら稀勢の里も傷を負ってまで優勝にこだわらずに長い先をみて休む

判断をつけられたのではないのかと思います。あの時無理していなければ・・・😢

「無理」は何も生まない。生まれない。

カウンセリングでもそこはクライエントさんによくお伝えする言葉です。

こんな幕引きあって良いのか・・・稀勢の里の「引退」は本当に悲しい決断でした。

 

2019年1月13日

元々100均グッズは好きで、このアイデア商品やデザインは様々に生かせることが出来て、今までも

どれ程お世話になって来たことか✌。またまた今年初の作品であるバスオイル🛀第2弾が出来たので、

ちょっとサニタリースペースをお洒落にしちゃおうかな✨✨と!!!

初めてのバスオイルは「しっとり、うっとりの夢心地タイプ」保湿目的の黄金色オイル。そして第2

弾は「お肌が欲しがるビタミンEたっぷりタイプ」肌の酸化を防ぐ薄いグリーン色オイル。

こんな綺麗な色を生かさない手はないと早速100均へ。可愛いビンを見つけてオイルを淹れたら透明

の黄色とグリーンが映えてとても素敵で、我ながら感動(⋈◍>◡<◍)。✧♡してしまいました。

このグリーンはメインオイルのグレープシールドオイルの自然な色。こめ油とホホバオイルのブレン

ドにしてあります。グレープシールドオイルの主成分はリノール酸ですが、こめ油と同様ビタミンE

も豊富で、大1弾のバージンオリーブオイルの粘性と違って、爽やかな肌触りとさっぱりした質感が

特徴で、お風呂のお湯もとてもサラサラ~っとしていました。それなのにお風呂から出た後の肌は驚

く程しっとりしているのです。

このオイルに淹れたエッセンシャルオイルは相性バッチリのスィートオレンジ、ゼラニウムとレモン。

バスオイルを作ってからバスタイムがあまりの気持ち良さに、とても豊かな気分で幸せです。

こんな小さなことでも気持ちの持ちようが変わるって嬉しいですね(#^.^#)。

お肌の大敵「乾燥」なんて怖くない!!! ぶっ飛ばせ~(`・ω・´)b・・・ヽ(^。^)ノ

 

2019年1月11日

初めての「しっとりうっとりバスオイル」

早速、昨日お風呂の中に作りたてバスオイルをほんの数滴入れてみました。

「なんということでしょう(⋈◍>◡<◍)。✧♡」(何かの番組にありましたよね、こんな言葉)

まずお湯の滑らかさにビックリΣ(・ω・ノ)ノ!。軽くて柔らか~いふわふわの毛布にくるまれてい

るような感覚。あまりに心地よくて湯船から出られない出たくない・・・そんな感触。凄い!!!

精油はラベンダー(7)・ベルガモット(7)・ペパーミント(3)を使ったのですが、1番少ない

ペパーミントの香りがまず鼻にスッと入って来て脳が覚醒するような感じ、その後にラベンダー

ともベルガモットとも嗅ぎ分け出来なかったのですが、きっと相まってほのかにいい香りが漂っ

て気持ちが穏やか~になって「このままがいい~💛」と最高の気分でした。元々お風呂は好き

ですが、こんな長湯は珍しい位勿体なくてお風呂から出たくなかったですねぇ(^^♪!!

アロマは香りの相性もあるので組み合わせや入れる量もいろいろ試して・・・という言葉の意味

が良くわかりました。最初は何かのレシピを参考にするといいかも。

シャンプーはいつも通りだったのですが、湯船のお湯を触った手で髪を何気に触っていたのか、

お風呂から出た後に、髪までサラサラと柔らかくツヤっぽい手触りに驚きました。髪は意外!!!

乾燥がきついこの冬を、せめてこのバスオイルで出来るケアで楽しんで乗り越えるぞ(`・ω・´)bと

いう感じかな。お風呂を出た後もオイルを直接顔に塗りましたが、もうシワなんてどうでもいい

と思える位このオイルで十分いろいろ堪能させてもらいました(*´▽`*)

バスオイルは簡単に出来るので、このブログを読んだ皆様も是非試してみてはいかが!!(*^。^*)

私も他のオイルや精油でいろいろなタイプのバスオイルを作ってみようと思います。

 

 

2019年1月10日

今年の冬は乾燥がひどいそうで、自身はあまり気にもしていなかったのですが、確かに火事も多いし、

鏡で見る自分の顔も何だかカサカサ?しているような、ヤバい💦シワが・・・Σ(・ω・ノ)ノ!(もともと

か(*´Д`))と人間、気になり出したら気になるもので・・・(;’∀’)

久々に保湿効果のあるオイルを使って石鹸でも作ろうかと思ったのですが、準備や作る手間を考えた

ら重い腰が上がらず(出た!怠け者の私(*ノωノ))もっと簡単にケア出来る手はないかと・・・見つけ

たのがバスオイル!!!  お風呂の中に入れるだけでなく、ボディーやフェイス用として直接肌に使え

ると知って俄然やる気に( `ー´)ノ

今まで石鹸作りで知った知識を活用し、使用するオイルやアロマオイルの性質や香り、自分の肌の状

況等を考えて選択したのが…

オレイン酸やビタミンE、ミネラルたっぷりで保湿効果のあるオリーブオイル・米油・ホホバオイル

の3種。そして精油は初めて作る作品なので無難に選び、癒し効果と鼻に抜けるような爽やかな香り

をとラベンダー・ベルガモット・ペパーミントの3種。全部をブレンドすれば出来上がりヽ(^。^)ノ

のとっても簡単なものなのですが、ここで大事なのは、やはりそれぞれの性質や成分等を知って量の

配分を決めることなのだそうです。オイルにしても香りにしてもその割合をいい加減にすると、せっ

かくのバスオイルの働きも無意味になってしまうこともありますからね。

今回出来上がったバスオイルは黄金色で、とても華やかかつ爽やかな香りで、これは花粉症の季節に

アレルギーで苦しむ方にはきっと鼻通りが良くなるのでは!!と思う位スッキリします。

使うオイルによって出来上がりのオイルも黄色だったりグリーンだったりと透明ガラスに保存すると

とても綺麗。様々なビンが並んだら圧巻かも。これもいろいろ試してみたい、やる気をそそられます。

とにかく初めてのバスオイルを使ってのバスタイムや朝の洗面タイムが楽しみです。

早速今夜から試してみま~す(*´▽`*)

もうひとつ、作ってみたいのがクリーム。手足ガサガサの人用のレシピはあるのでもちろんですが、

顔にも使える保湿クリームが出来ないかちょっと研究してみようと思います(´▽`*)

「ものづくり」が今とても注目されていますが、わかるような気がします。

面倒くさいし、時間掛かるし、何度も失敗を繰り返しながら自分のものにしていくのは好きでも楽

しみであっても大変ではあります。お金も掛かるし・・・でも、だからこそ自分の作品は大事なん

ですよね。

昨年は石鹸づくりも3年目に入り、今までにないオリジナルの石鹸(成分的に)を作りましたが、今

年は更に進化させてもっと面白い石鹸を作ってみたいと思っています。

自分の世界を持つって素敵なことですね(*´▽`*)

でも実は、私は更にその先の展開も自身の中で考えていて、実現出来たらいいなぁと思っています。

昨年の私からは想像できない程、様々なアイデアが浮かんできて、少しずつ何かが動き始めた感じ。

 

2019年1月7日

皆様はどんなお正月をお過ごしになりましたか(#^.^#)

「お正月」は何となくあまり好きではない私ですが、今年は年末年始ずっと、意外なほど楽しく、

美味しく(*´∀`*)、久々に街中散策したりと思いがけず充実した時間を過ごせました。これは

嬉しかったですねぇ。

疎遠だった方といきなり繋がったり、自分とこんなに価値観が似ていて何時間でもお喋りしてい

ても飽きないどころかもっともっと話していたい、ある種思いを共有できる人が身近にいること

の嬉しさだったり、自分の求めていることが少しずつ近づいてきているのかなと感じるお正月で

した。

昨年までは今までの人間関係を整理してきた年でした。

新しい年は、自分にとって心地よく、価値観の近い人との人間関係を新たに作り上げていくこと

で新しい自分を見出していきたいと昨年の終わりごろからずっと思っていたので、まさかいきな

りその1歩を踏み出すとは思いもよらなかったのですが、そんなこと・・・あるのですね💛

確か・・・リーディングカードにも古い扉を閉めると新しい扉が開くとありましたが、そういう

ことなのですね。古い扉を閉めるのも勇気が要るものですが(;’∀’)

昨年は自分の中で何もかもが止まってしまって、動きたいのに動けない自分に苦しんで来ました。

今までにない自分だったので、一体何が起こっているのでろうと焦ったり不安になったりもしま

したが、最後に来て「飛躍の前は信じられない位すべてがストップする。静観して待て!!」の言

葉を目にして、待つことをしてこなかった私の人生には驚く程の衝撃でしたが、そうか「待つ」

選択もありなのかと思い直し、ひたすら静かに時の過ぎるのを待ちました。

これから何が起きるのかまだわかりませんが、今まで積み上げて来た様々なもの、事の成果が今

までとは違った形で表れてくるのかもしれません。

人生は山あり谷あり、先日書いたブログが現実化しようとしているのかもしれません。そして

「山」である時よりきつい「谷」であるときの思いや過ごし方がその後にくる「山」の価値を決

めるのかもしれませんね。

今までは何かを手にするために、何かに向かうために必死で頑張って努力してきましたが、様々

な経験や思いを経て来た人間は「静観」してみることや「受け入れる」てみることが大切な時も

あるのだということもつくづく感じました。今までのように今年はどんな年にしようかではなく、

どんなことが起こるのかを楽しみにしてみようかなぁと思います(*´▽`*)

辛さを抱えた方も、ずっとそれが続くわけではありません。悲観せず、でも未来に希望だけは

捨てずに、苦しさは吐き出せばいい!!、どんな時も大事に過ごしていきましょ!!!

2018年12月26日

人生、山あり谷あり・・・よく耳にする言葉ですよね。

今年、谷を味わって辛い思いをされた方、苦しんだ方・・・大丈夫!!!谷のままで居続けることは

ありません(*’▽’)。

苦しんだからこそ、悩んだからこそ次のステージがある。

「扉は暗闇に向けて開いた状態にしておきなさい。最も大切なものは、幸せは暗闇からやってく

るもの」と言われます。

私はいつもクライエントさんを見ているので、それを本当に実感しています。

苦しさを、辛さを人のせいにしたり、ただ逃げる言い訳だけを口にする(逃げることが大事な時

もありますが)人には山はなかなか巡ってきませんが、やり方を間違えようと失敗しようと、き

ちんと向き合っってきた人は心配しなくても大丈夫( `ー´)ノ。必ず道は開けています。

そして前の山より、今度の山はもっと高くなっているはず(^_-)-☆。

 

それとね・・・幸せ!願い!追い求めて努力することも必要な場合もありますが、あまりそこに

捉われず、静かに待っている方がある日突然ふと舞い降りて来る!!!なんてこともあるものなんで

すよね、不思議な事に。

頭のどこかに夢や希望をおいている人は、何気に必死にならなくても、焦らなくても日常の行動

や自分が発する言葉などに思いを込めてちゃんと発信しているからではないのかなぁと、クライ

エントさんを見ていてよく感じています。

だから心配しなくても、いつの間にか実現したいことの中に自分の身を置いていることに私の方

が驚くことがあります。それがあまりに自然に実現しているので、ご本人が気づいていないこと

に思わず笑ってしまう(あっ、ごめんなさい🙇💦)のですが…

幸せと嫌な出来事は意外に背中合わせ!!!なのかもしれませんね。

今年残念な年だった方、きっと来年は上向きますよ(^^♪!!

 

それでは、皆様よいお年をお迎えくださいませ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

2018年12月20日

12月も半ばというのに、振るのは雨☔・・・(;’∀’)

初雪の朝にうっすらと雪が積もりましたが、昼にはすっかり溶けてそれ以来雪とのご対面がなく、

雪はいらない私としてはとても嬉しい冬です。

 

新しい年を迎えるとは言っても、昨日が今日になり、今日が明日になるだけのことでいつもだった

ら自身の中ではさほどの事はないのですが、来年は元号が変わるという社会的には大きな節目にも

なりますし、秋には日本お得意の、本質を正さずに何だか小手先事業の増税やら、各国のトップリ

ーダーの訳の分からない言動から起きる暴動やら、内外問わずただただ振り回され、とばっちりだ

けは受けざるを得ない人々の行く末はどうなるのやらとひたすら不安を感じる情勢の中・・・さて

私は?と様々な面から自分の先を考えざるを得ない時なのかなと感じています。

今年は頭も体も何故か全く働かず、全部がストップしてしまった1年でした。

思ったことは即実行!してきた私にとって何も浮かばない、動かないは「怠惰」でしかなっかた。

だから焦りを感じたり自分を責めたりと正直きつい1年でしたが、今になって「何もしない」こと

の大切さをとても感じましたねぇ。

動いている間は、じっくり「考える」「感じる」「思い出す」等などそんな時間はあり得ない。

焦りながらも責めながらも、だからこそ湧き出る様々な思いに耳を傾けたし、本当にいろいろな事

を考えたし、過去の記憶の中の自分と向き合ってみると今何が大事かも見えてきたのです。

やはり「ボーっとする」って大事です。

まだ自分の中では形にもなっていないし、何も見えている訳ではありませんが、ずっと先にある目

標のために、今何をしたらいいのか、どう捉えたらよいのかがわかるような気がしています。

そういえば、今月のカレンダーの言葉に

「一日一歩  少しずつ 少しずつ。

今は しっかり ちからを  たくわえる。

春は花   夏は新緑   秋にはでっかい実がなる  から」

ゆっくり歩みましょ!!!